日本楽ワザ介護協会

楽ワザ介護塾 紫野庵(むらさきのあん)

介護の楽しさを伝えたい

明治の終わりに建てられた西陣・織屋建ちの京町家。柱も梁も百年という年月の重みをかもし出しています。織屋建ちならではのダイナミックな吹き抜けは、開放感にあふれ、訪れる人の心を一瞬にしてほぐしてくれます。もともとあった造りはそのままに、庭だった場所に浴室棟を増築。ダイドコに残っていた井戸を使い、壁には漆喰を塗り、できるだけ自然素材を使った改修を心がけました。

荒れていた庭をこじんまりとした坪庭サイズにつくり直し、手入れがしやすく、見ていて飽きのこない灯篭や蹲踞を配し、シンプルにしました。

増設したトイレはそれぞれに工夫を凝らし、使いやすく、しかも掃除しやすく、入っていて癒される空間を目指しました。大徳寺という歴史ある名刹のおひざ元で激動の戦国時代を生きた武将や僧茶人たちの魂に思いを馳せ、ここに集う人々とともに、介護される人の思いに心寄せる場所でありたいと願っています。

紫野庵の見取り図

こんな家なら、癒される。こんな工夫があれば、最期まで家で暮らせるかもしれない。そんなAOYAMAオリジナルなヒントや工夫を散りばめています。

※常駐スタッフが不在な為、見学についてはお断りさせて頂いております。
また、研修中の見学は業務の都合上お断りさせて頂いております。

  • 日本楽ワザ介護協会とは
  • 楽ワザ介護塾 紫野庵のご紹介
  • イベント紹介
  • アクセス・周辺施設

このページの先頭へ戻る